2018年6月24日日曜日

Nyamshan old house reborn!!

JUNE, 2018 #renovation #reborn #nyamshahouse 

Nyamshan old house reborn!!
Restoring in traditional way and maintaining its old fashion for the new generation.
化粧直しして生まれ変わったにゃむしゃんハウス!伝統的な方法にこだわって改装しました。古き良きものを維持し、新しい世代へ。


2018年6月11日月曜日

★お休みが短い方に朗報! オートキャラバン隊で行く 「ザンスカール ドライビング&トレッキング」4日間

シーズン:6月〜9月 中級以上  
所要日数:3泊4日、オートキャンピング、英語ガイド
価格:1名様参加の場合  Rs. 79,000- 
   2名様参加の場合  Rs. 65,000- (以下お一人様価格)
     3名様参加の場合  Rs. 49,000-
           
シンゲラ峠を越える手前。こんな壮大な景色の中を歩く醍醐味!

Day 1:専用車でレー(Leh)~ フォトクサル(Photoksar  4120m)へ。道中、国道沿いのゴンパを見学。(どこを見学するか要相談)約7〜8時間 フォトクサルでテント泊 
Day2:フォトクサル(Photoksar  4120m)~ブムツェラ峠(4400m)〜シンゲ・ラ峠BCSingey La Base 4480m)約 6~7時間。シンゲ・ラ峠ベBCでテント泊
Day 3:シンゲ・ラ峠BC Singey La Base 4480m〜シンゲラ峠Singey La 4960m約2時間 〜 スタヤン キャンプ(Stayang camp 4450m)〜キュパ・ラ峠 (Kyukpa la  4430m) でゴール。専用車がキュパラ峠でピックアップ。少し戻ってスタヤンキャンプへ。スタヤンキャンプ テント泊 
Day4:スタヤン(Stayang camp 4450m)〜 レー(Leh)へ専用車で一気に戻る。約7〜8時間。


特徴:ザンスカールトレックをしたい。しかし、なかなか長い休みが取れない。または体力的に不安がある。そんな方にオススメなのがこのトレックです。ザンスカールへの車道は現在も建設中で2018年春現在、キュパラ峠までは乗り入れ可能になっています。今まではトレッキングでしか行けなかったエリアだったので、そんな醍醐味が失われて行くようにも感じますが、現地の人々にとっては日々の暮らしに利用できる便利な車道です。これを逆に利用して、馬ではなく車でキャンプ装備一式を運び、短期間でザンスカールトレックのハーフを堪能できるようにしました。

ザンスカールらしい広々とした地形、この絶景を一度でも見たら、脳裏に焼き付いて離れることはないでしょう。初日と最終日はドライビング。中2日間がトレッキングです。最高標高はシンゲ・ラ峠の5000m。その他4000m台を歩いたり泊まったりします。ですので高度順応も課題です。普段から山登りをされている方、または山登りの経験は充分にはなくとも、マラソンをしていたり、ジムに通い詰めているなど、これに見合う体力を持っていることが望ましいです。


装備:基本的には夏山装備プラスαですが、テント泊ですので朝晩冷えたり、標高が上がった峠地点でもっと冷えることがあるでしょう。天候の崩れも前提にし、暑さにも寒さにも備えが必要と言えます。雨具はもちろん、ダウンジャケットなどの防寒具も必要です。
 
手配内容:同行スタッフのトレッキングガイド、専用車、ドライバー、専属調理人、調理アシスタント(参加人数による)でオートキャラバン隊を組みます。道案内から文化的なガイドにはじまり、テント設営、お食事のご用意などをお世話します。レンタルとして、キャンプ用具(テントや寝袋、マットなど)一式をご用意します。その他、全行程の食料、飲料、携行食なども含まれます。

その他の手配・料金に含まれるもの:
レー〜フォトクサル〜シンゲ・ラ峠〜キュパ・ラ峠〜レー往復、4日間の専用車代
トレッキング以外の道中での観光ガイド代 
トレッキング中に利用する各キャンピングサイト使用料

2018年6月5日火曜日

シャム裏銀座トレック(4日間)のご紹介 !!

★シャム裏銀座トレック(4日間
マイナールートでありながら絶景。裏銀座ならではの静かさと玄人さが魅力。
シーズン:5月中旬頃〜10月中旬頃(※8月は融雪による増水のため手配休止)中級以上  

手前、祈願旗の所がコンスキ・ラ峠 (Konski La pass 4900m)背後に見えている雪をかぶった山が大迫力

所要日数:3泊4日、ホームステイ、英語ガイド
  価格:  お一人様参加の場合 35.000ルピー
       お二人様参加の場合 20.000ルピー (お一人様) 



Day:専用車でレー(Leh) からヒンジュ(Hinju) まで移動。約4時間   道中で国道沿いにあるゴンパを見学可能(詳細要相談) 
Day2:トレッキング開始。ヒンジュ(Hinju) 〜コンスキ・ラ峠 (Konski La pass 4900m)〜スムダチェンモ村 (Sumda chenmo 3900m)  約8時間  
Day3:スムダチェンモ (Sumda chenmo) 〜 ラナック・ラ(Lanak La pass 4250m)〜ドゥンドゥン・ラ峠(Dungdung La pass 4710m)〜 チリン村 (Chilling 3200m) 約8〜9時間
Day4: 朝食後、専用車でチリン(Chilling)からレー(Leh)まで戻り  約2.5時間  

特徴: シャムとはラダック語で下ラダックエリアを意味します。主に「シャムトレック」というと別名ベイビートレックと呼ばれる、リキールからティモースガンに抜けるルートになり、名前の通り比較的初級者向けです。これと比べると同じシャムでありながらマイナールートになるので「シャム裏銀座」と呼ぶことにしました。

レベルは中級以上向けで、トレッカーが少ない分、静かに、じっくり自然を味わえます。ルート上から見えている雪山が迫力満点。高山植物なども含め絶景を楽しめます。2日目の峠を越えたあたりは、ストックカンリ峰を背後から望め、ストックラ峠やガンダラ峠、マルカヴァレーのルートやカンヤツェ峰も見渡せるなど、上ラダックの主要ルートが大パノラマで一望できるのも魅力です。

トレッキングの2日間では、標高4900m、4710m、4250mの峠を越える歩きごたえ充分なルートです。車が乗り入れないスムダチェンモ村でのホームステイでは素朴な現地の暮らしに触れられるでしょう。また、ラダックでは珍しい木造彫刻の仏像も有名で必見です。上ラダックではあまり見ない野生動物のアイベックスを見られる可能性もあります。到着地のチリン村は真鍮胴細工が有名な村。レーに戻る日に、タイミングが良ければ職人さんの仕事を見学・購入も可能かもしれません。

装備:基本的には夏山装備ですが、標高が上がると朝晩冷えたり、天候によっては峠でかなり冷え込むこともあります。川の渡渉を前提とした装備と雨具、防寒具も必要です。


2018年6月4日月曜日

土壁が仕上がっていきます!



元々は、干し草倉庫だったこの一階部分。去年の秋に窓を付けて、今年の春、壁を塗ってます。


外壁。窓枠の周りは縁取るようなデザインを入れるのが伝統的。


しっかり足場を組んで、作業をスムーズにさせます。

2018年5月25日金曜日

左官屋さん仕事の材料準備 /リノベーション

昨年秋に、一階部分に新しく窓を付けた部屋。いよいよ土壁を塗ります!そのための砂などを購入し、運んできました。準備完了!



リノベーション作業用なんだけど、そりゃ、子どもたちにとっては、大量の砂山で、それはそれは、楽しいことになりました。笑


まあ、こりゃ楽しいはず。仕方ないなぁ…。(^^;;

2018年5月19日土曜日

Apple blossom at nyamshan house.

我が家で、りんごの花が咲いてます。
今年あらたに購入して植えた木。
一本はこんな感じに咲いてくれたけど、もう一本は花が咲かずに葉が出てしまった…。こちらは、移植の異変に敏感に反応してしまった様子。今年は実がつかないかなぁ。まあ、どうにか来年には!!



2018年5月18日金曜日

にゃむしゃん猫!


にゃむしゃんにも、猫、いまーす。

5月11日、畑をやっと耕せた!


道に面した畑なら数年前からトラクターでするようになった。以前、当たり前に使っていたゾ(牛とヤクの混合種)は、お役御免。その耕す時の素敵な作業歌も、お役御免。今でもたまに聞こえてくると嬉しくなる。それは例えば、まだ道がなくてトラクターが入れないからとか、またはゾをまだ置いてるから使ってるなど少数派の理由。もちろん寂しい。
この作業歌をアレンジし、保存の意味も込めて宮田裕介さんが作品化したのがこちら↓
ワンボが作業歌を歌っています。

宮田 裕介  ※視聴できます
https://www.amazon.co.jp/Sound-Life-feat-Stanzin-Wangbo/dp/B00WAE9ONI

ただ作業が楽しげでも、実際にゾを飼って維持するのは大変なこと。それは痛いほど解る。だから、機械化が進んで寂しくても、私たちは農業そのものはやめない。地に足つけて生きてくには、自分で食べるものくらい少しでも作っていかなきゃ。

2018年5月12日土曜日

やっと晴れた!!

雪が降ったりと、ぐずついた天気の日々からやっと抜け出し、5月10日からは気持ちよい晴天に!!
乾燥させてた堆肥を畑に撒く作業。うちは狭いから、ロバや車を使わず手作業で。明日はトラクターが来て今年初、耕します。それにしても、水不足だから農業は遅れ気味。ちゃんと育つかなぁ。ちょっと心配…。
#compost #organic #farming #堆肥 #人糞 #有機農業




5月なのにストックは雪!?

GW最後くらいから、曇りか雪ばっかり。寒い。水不足ぎみな今年の春。やっと水を入れた畑がなかなか乾かない。冬に雪が降らずに5月に降ってる。困ったものだ…。


そしていよいよ、雪!
snow fall this morning. @stok
一面真っ白になるくらい降っちゃった!5月なのに…。




ラダックの空を泳ぐ「鯉のぼり」


Koinobori meaning "carp streamer" in Japanese.
Celebrated in honor of children for a good future and in the hope that they will grow up healthy and strong.

According to Japanese American National Museum, the carp was chosen as a symbol for Boys' Day because "the Japanese consider it the most spirited fish -- so full of energy and power that it can fight its way up swift-running streams and cascades. Because of its strength and determination to overcome all obstacles, it stands for courage and the ability to attain high goals. 

(by wikipedia)
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Koinobori

5月1日、我が家の杏の花も満開。

うちの古い杏の木、下ラダックなどに遅れること3週間。満開。5月1日。
#apricot blossom #old #tree




2018年5月10日木曜日

杏のお花見ツアー、御一行様!


#temisgham #apricot blossom #2018
4月21.22日。下ラダックのティモスガンにて杏のお花見ツアー。お客様はインド駐在員の方々。年に4回くらいラダックに来られるほどラダックがお気に入りの常連さまも(^。^)
違う季節をちょこちょこ味わいに来られるのもまた粋なもの。今回はお花見には時期的にちょっと遅れぎみにはなってしまったけど、半分以上は残っていたし楽しんでもらえた。村から見えている雪山がまた、たまらなく素敵。

良かったらご家族でご一緒に、とお誘い頂き、お言葉に甘えて連れて行った子どもたち。つまみで頂いた「柿の種」を、うちの2歳と4歳がバリバリ食べてる姿を見て、さすがインド育ち、辛さ免疫が違うね〜と感心される。笑

ティモスガンには親戚が急に増えて、ますます足を運ぶ機会が増えそう。さらに、この奥にある村、ティアも素敵で、個人的には思い出深い場所。これから忙しくなる季節だけど、仕事や日常に埋没しないよう、たまにこうやって小旅行しないとな。もちろんラダック内でもいいから。

趣味が加速!心地よい木工仕事。

4月から再開した作業。
①木工系

GW前にと、春のリノベーションを再開してすっかり忙しくなった4月。昨年と同じビハール州出身の大工さん。
#renovation #nyamshan #oldhouse


春の古民家リノベーション、再開!

4月から再開した作業。
①土木系
去年拡張した我が家の畑。重機で削ったままだった畑と家の境目の段差に、石垣を作ってもらいました。土木さんたち、ありがとう!
#renovation #spring2018


2018年4月10日火曜日

スリナガルロード、例年にない早さで開通。2018年3月末。

今年は早い、春の到来。
まだ杏の花が咲く前の3月下旬、例年より1カ月早くスリナガルロードが開通。野菜や果物がこんなに早く買えるのは前代未聞。温暖化なのか、今年は極端に雪が降らなかったためだ。手放しに喜んでいられるか分からないけど、流通がされるのは正直ありがたい。

4月に入ってすぐ、庭先の水路に水入れ完了!冬の間、落ち葉や土がたまっていた水路や木々が植わっている庭を全て掃除するのに数日かかった(>_<)  
それで、初冬に落ち葉を履ききらずに置いておいたら、今年は雪が少なかったのに、高いポプラの木のある林では、落ち葉の下は湿った土になっていた。極端に乾燥してるラダックでも、湿り気があるのにびっくり。これなら肥沃な土地が作れるのでは? 秋口に、林ではなくて、畑に落ち葉を撒いたらどうだろう。ラダックでよくされるのは、水路に水かなくなる冬のはじまりに畑に水を入れて、あえて畑の土の中で水を凍らす方法。凍ると土に隙間ができてやわらかくなるため、などと聞いている。ならば、その上に落ち葉をまいて、天然の蓋をしてみるとどうだろう。乾ききったラダックの冬でも、温暖湿潤気候の日本みたいに、湿り気のある豊かな土壌ができたらいいなあ。お詳しい方がいましたら、是非、アドバイス頂きたいです。

それにしても、数ヶ月振りに庭の木々たちに水を入れてやると、なんだか木々が喜んでいるよう感じた。子どもたちは、水を見たら当然のように水遊びを始めてしまい、手が石のように冷たくなって撤収(>_<) 雪解け水をあまく見ちゃいけないよ。




2018年4月6日金曜日

apricot blossom in lower ladakh 2018.


apricot blossom in lower ladakh 2018.
spring has come.
#saspol 

今年はやっぱり早かった杏の開花。下ラダックのニモからヌルラまでは今日で既に7分咲きから満開!!
日本の桜を写真ばかりで見ていて、完全にあやかれないでいた私には、本当に嬉しいお花見!
曇りだから青い空をバックに撮れず残念だけど、せめて雪山だけは背景に。

それにしても、サスポールは標高が下がり3100m。写真手前の畑に注目したい。驚いたことに既に畑にあぜが作られている。ここまでされているということは、とっくにトイレから取り出した堆肥を畑に蒔き、土は耕され、種まきされ、あぜが作られたということ。(日本と違い種まき後にあぜを作る) もう、初めての水入れ待ち。3650mのストックとどれだけ違うか…!二期作可能な3100m以下の村々、豊かな恵みが羨ましい。けど、二期作なんて、きっと大変だろうなぁ。

2018年3月23日金曜日

Trekking to Tonton la 4100m @STOK




日曜日、娘と親戚の子を連れて、ストックの山の奥、トントン・ラ峠(4100m)へ。私にとっても久々の山歩き。まだまだ川の氷が分厚い季節。帰りは子どもたちの望み通り、ずっと川の氷の上を歩いてきた、というかこの2人は滑ってきた、が正しいかな。私は軽アイゼン装着で、滑ることなくスタスタ歩けた。夏なら河床の石ゴロゴロな場所なのに、冬ならではで、氷の上を歩ける。これがまた最高!!氷用のソリとかあったら私もやりたいところ。何かいいアイテムがあったら教えてください(^。^)

Mating call of snow leopard!

I heard the mating call of snow leopard in the Stok valley!!




日曜日の山で、
人生で初めて、
オスのユキヒョウがメスを呼ぶ声を聞いた!!

繁殖期であるこの時期、オスがメスを呼ぶ時の独特な声。

子どもたちと凍った川の上を歩いていたら、ちょうど氷の下から水が流れる音がして来て、ザ〜っと大きな流水音が耳をさすほどだったその時、「コォー」いや「ケェーン」いや、もはや文字では表せないユキヒョウの声が、広い谷に響き渡った。しかも一回ではない。声に高さを感じる上に、何度も続けて聞こえる。早く流水音から離れてもっとはっきり聞こうとした。でも流水音に負けないくらいの音量で、はっきりとユキヒョウの声がする。

なぜユキヒョウの声が分かっていたかと言うと、目的地であるトントン・ラへの行きの道中、Mr,ユキヒョウとも言える友人、Jigmet Dadul に、鳴き声の真似をしてもらったのだった。子どもたちの手前、彼はかなりノリノリでやって見せてくれた。コラえきれずに笑う子どもたちに、すかさず実際の声を録音したというものをスマホから聞かせてくれた。彼はラダックでユキヒョウを探したり保護したりを、20年近くしている人で、もう彼自身がユキヒョウに似て来ている。笑

しかし、まさかこの後に本当にこのユキヒョウの声を、生で聞くことになるとは…。ちなみに、こう言う時の子どもの耳の記憶は疑う余地がない。印象的な高音だった。実際に聞いた時、子どもたちはすぐに、ユキヒョウだ!っと言った。

しかし、ほぼ四方を崖で囲まれた深い谷だから、声はエコーがかかり、どっちの方向からしているのか分かりづらい。私と親戚の子は下流だと思ったが、娘は上流だと言う。ちなみに、どっちの方向もよくユキヒョウの目撃がある場所だ。手持ちの300mm望遠カメラでは探すにもちょっと厳しい。夕方の暗さもある。双眼鏡は重いから持って来なかった。もし望遠鏡でも持っていたらすぐに探したはずだが、あいにく持っていない。ちなみに、うちには天体望遠鏡しかない。(>_<) あゝ、ユキヒョウっていう星座はなかったっけ…。

声は聞けども姿は見えず。
諦めてしばし下り、ジグメットがアレンジしているユキヒョウ探しツアーのベルギーチームと、日本から、西遊旅行のツアーキャンプ地に到着。すぐに、「動物スペシャリスト」であるガイドのトモさんこと、秋山知伸さんに、ユキヒョウの声がしたことを伝えると、スタッフから探し部隊を送ることに。チャイをご馳走になりながら状況を説明していたら、少し上流のベルギーチームから、またユキヒョウの声が聞こえたという情報が入った。やはり私たちは間違っていなかったのだ。秋山さんはじめ、みんなで出動。

せっかく下って来たのに、またゆるやかに登りながら、声のした谷に向かう。情報提供をお駄賃に、彼らの望遠鏡で見せてもらえたら…と、期待しながら図々しくついて行く。静かな谷。肉眼で山肌をスキャンするが何の手がかりもない。何台もの望遠鏡でスタッフのお兄ちゃんたちが探していると、ブルーシープが斜面にいるという。目の前の山なのに、実は距離があり、肉眼ではブルーシープも見えない。自分の視力を過信していたと知る。望遠鏡を覗かせてもらうと、山肌にブルーシープが数匹座っている。保護色だから望遠鏡でもパッと分かりにくい。優雅に草を食んでいるが、ここにユキヒョウが襲いに来るかもしれないのだ。

どのくらい待っただろうか。
結局のところ、ユキヒョウは姿を見せてはくれなかった。残念。6時すぎまで粘ってしまったから、途中で日が暮れるのは間違いなかった。皆んなはキャンプ泊。私らはここから帰宅する。こんなこともあろうかと、ヘッドライトは持って来ていたが、地味に長い下りの帰り道、子どもたちは暗くて不安そう。ちょっと元気になるかと、スマホでヒンディーソングをかけてやる。確か、去年もこんな風に暗くなってしまった。もちろんユキヒョウがらみで。暗い道を歩くこと50分。やっと自宅まであと少し、となったら、スマホが充電切れ。自宅に着いた、と思ったら子どもたちが充電切れ。疲れた〜〜っと、倒れこんだ。そりゃそうだ。よく頑張って歩いた。お疲れ様。

家では、今日は子守担当のスーパー主夫ワンボが、まさかの、モモを作って待っていた!!
今日、ユキヒョウの声の次に驚いた!チビ2人を見ながら、1人でどうやってモモ作るのだろうか!?私にはできないかも。(>_<)  恐れ入ります。そして感謝。笑

2018年3月6日火曜日

Trekking for Busy people in Ladakh.

We care for all people who have very short duration stay while in Ladakh and not able to 
do treks within that short time. Neo-ladakh have carefully picked some treks with very short 
duration but unimaginable astonishing landscape and views which might be much better than some 
 Long walk treks.

  So , below are the kinds of treks with its duration .
    1). Ton-ton La trek     ---- 1 day trek
    2) Rumbak -Stok La trek ---- 2 days trek
    3) Hinju trek ----3 days
    4) zanskar trek --- 4 days.

Kang Yatse 2 expedition.

We at the neo Ladakh welcome all to explore the beauty of this peak on the Markha valley trek route.
      Great place to relax, rejuvenate ,photography and challenge.  BOOKING OPEN!!!!

2018年3月4日日曜日

Kang yatse 2 expedition

Kang yatse expedition with neo-ladakh in  markha valley will give you a great experience of your life. Booking is OPEN !!! 

2018年2月16日金曜日

WE are back home to LADAKH !!

1か月の冬休みを終えてラダックに戻りました。それですぐ雪に降られ、雪かきに追われました。寒いですが、また冬のラダックの醍醐味に突入しました。笑

冬休みの旅の報告をすっかり怠りましたが、長らくインド最南端のケーララの海にいました。避寒が目的でしたので、充分に満足な旅でした。(^_^ またゆっくり報告させていただきますね。
それにしても、気温差が激しく、体調を崩しました(^_^;) しょうがないですねぇ。今は大丈夫です!

またホームステイ、旅行代理店共に再開していますので、お気軽にお問い合わせください。(^o^)

2018年1月27日土曜日

Amber fort in jaipur / アンベール城

初めてジャイプールに来たのは確か19年前。つまり1999年だったと思う。何が変わったかって、道が相当整備された。当時は若かったから、レンタル自転車でピンクシティからアンベール城まで行ってるのだけど、記憶と結びつく場所があまりないくらい。聞いてみると、やはり道はかなり作られたとのこと。

2000年代に入ってからは、インド中で道が整備されていき、辺鄙な田舎でも楽になった印象だったけど、もう最近の国道というのは、更に進化していて、二車線以上は当たり前、中央分離帯が設けられ、街灯があり、真新しいタールコールが塗られ、走っていると快適さを覚えるほどになっている。ラダックもここ4.5年前にかなりきれいにしているから、首都に近い主要道路なら当然か…。

ジャイプールのお約束観光地の一つ、アンベール城。







Beautiful Jaipur architecture / ジャイプールの美しい建築

ここの建造物は本当に魅力的。どこまでも刻み込まれた細かなデザイン。鮮やかな色。絶大な権力をもってなし得ただろうこれらの美にうっとりしつつ、広場を走りまくるチビ2人を追いかけ回し疲労困ぱい。ただ、暑くない、ちょうどよい季節には助けられました…。


The magical door of the courtyard at city palace Jaipur.
珍しく家族写真!


これぞラジャスターンのおじ様。


この水がめは昔から変わらずあるけど、手前のラーメン模様を見て、改めて何故この模様なの?って考えてしまった。ラダック(中国やチベット文化圏)とラジャスターンの融合みたい。笑

で、この近くに、龍をあしらった鏡があった。私はそれを遠くから見て、インドらしく蛇だと思いこんだのに、娘が龍だと言い張った。なんでマハラジャが龍なんだと思ったらやっぱり龍だった。しかもネパールものとの表記あり。マハラジャが仏教芸術を好んで、ラーメン模様や龍が装飾に使われたのかもしれない。それにしても、娘のディテールを見る観察力に驚かされる今日この頃。



ハワーマハル。トンビが上空を舞っていた。
小さな窓がたくさん。ピンクシティ内の建物も、こんな観音開き窓だらけ。でも窓というよりはドアだという娘。ドアを開けると窓があると言い出した。よく見ると確かに木のドアを開けるとガラス窓がある家が多い。つまり、ドアに見えるそれは雨戸的な役割みたいに見える。昔はガラスがなかったかもしれないが、今はガラス窓もつけたのかもしれない。娘の細かい発見に楽しませてもらった。


ジャンタルマンタル。巨大な天体観測機がいくつもある。この線や色からしても何だかレオナルドダビンチ的。